Googleアナリティクスの基本用語を抑えて、ホームページのアクセス解析をはじめよう

投稿日 : 2017/1/31

大小問わず、ほとんどの企業様がホームページを持つようになり、その中から自分たちのホームページを選んでもらうことが、大変難しい時代になりました。

一昔前まで、ホームページを作ったまま放置している企業様も少なからず見られましたが、それではダメだということは徐々に浸透してきたようで、SEOやWEBマーケティングといった言葉も、お客様の側からお聞きするような機会も格段に増えました。

まずはホームページの現状分析から。

お客様から「どうすればいいのか」とご相談を受けるとき、ほとんどのお客様は自社のホームページの状況をご理解されていないケースが多いです。労力も費用もかけずにアクセスアップしたいというのが本音だと思います。ホームページを作ったときに少なくないお金を払ってるんだからと言われればごもっともです。
ホームページを制作したときに、「アクセス解析」は導入しているが、一度も見たことが無いというお客様もいますが、非常にもったいないことです。

「アクセス解析」は、決して専門家にしか読み解けないものではありません。最初はそれなりに時間がかかるかもしれませんが、費用はかかりません。
そう思って「googleアナリティクス」の画面を開いてみたものの、「何が書いてあるかわからない!」というご相談のほとんどが言葉の問題です。必要な言葉を覚えてさえしまえば、ホームページを成長させる一歩を踏み出すことができます。

googleアナリティクスの基本用語と数値の見方

まずは無料のアクセス解析ツール「googleアナリティクス」を例に、基本的な言葉を抑えましょう。

レポートを開くと下記の画面を表示されます。
ホームページの利用状況を知るための最初の1ページです。

blog170131

まずは次の4つの言葉の意味を知っておきましょう。

セッション

ホームページが訪問された数です。単純にホームページのアクセス数と言ったとき、この数値を挙げることが多いです。

ユーザー

「ホームページを訪れた人」の数です。
同じ人が何度訪れてもユーザー数は1のままです。

ページビュー

ホームページ内の「読まれたページ」の数で、「PV」とも略されます。
一人のユーザーが、ホームページの中を移動して多くのページを閲覧することで数値が増えます。

直帰率

訪れたユーザーが、別のページを見ることなくホームページから離脱することを「直帰」といいます。セッション全体のうち、何%のユーザーが直帰したかを表す数値です。

具体的な例を挙げてみましょう。
●昨日、Aさんがホームページを訪れて5ページみてくれた。
セッション:1 ユーザー:1 ページビュー:5 直帰率:0%
●今日もAさんが訪問して、3ページ見てくれた。
セッション:2 ユーザー:1 ページビュー:8 直帰率:0%
●BさんとCさんが訪問して、Bさんは2ページ、Cさんは1ページで離脱した。
セッション:4 ユーザー:3 ページビュー:11 直帰率:25%

ユーザー数が少なくてもページビューが多ければ、訪問者に興味を持ってもらえる=お問い合わせに繋がるページ作りができていると言えます。逆に直帰率が高ければ、せっかく訪れたユーザーに興味を持ってもらえていないか、分かりにくいページ構成になっている可能性があります。

どのように訪問したかを知る

次にメニューの「集客」⇒「すべてのトラフィック」⇒「チャネル」を開きます。
ここでは、どのような経路でホームページを訪れたのかを知ることができます。

blog170131_2

こちらも4つの言葉の意味を抑えてきましょう。

organic search

検索サイト経由での流入です。Googleやyahooの検索結果からページに訪問されたことを示す数値となります。「自然流入」とも言います。

Referral

個人のブログなど、ほかのホームページのリンクから訪問があったことを示す数値です。「リファラー」と読みます。

Direct

ブックマーク(お気に入り)や、メール内のURL、または直接アドレスを打ち込むなど、どこも経由せずに直接訪問があったことを示す数値です。「直接流入」とも言います。

Social

FacebookやTwitterなど、ソーシャルメディアからの流入の数を表します。

よくSEO対策と言われるものは、organic search(自然流入)の数値を挙げるためのものです。
ページビューの多いホームページなら、この数値を改善することでより多くの人が訪れ、お問い合わせも増えてくるでしょう。逆に、見づらいく分かりにくいページであればセッションが増えても直帰率が上がる可能性もありますが、インターネット自体が「検索」で成り立っている世界である以上、この「自然流入」の数値を増やすことがホームページの成長につながります。
次回はもう少し踏み込んで見ていきます。

Bravoはコンテンツマーケティングを利用した自然流入改善を、お客様の状況に合わせて多々ご提案させていただいております。ご興味のある方は是非お問い合わせください。

広告費を一切使わずに「自社メディア×SNS」だけでアクセスを増やし続け優良顧客を獲得!

タグ
  • タグなし
執筆者:三浦 史雄

フリーランス、WEB制作会社、企画出版社を経て2016年よりBravoに勤務。東京・築地生まれ。